お金のかからない自分の手パックを侮ることなかれ!

誰でもできる自分の手を使ったパック

私個人が絶大に信頼しているのが自分の手でパックする方法です。

 

以前テレビ番組で、市販のパックを一度暖めてから使用するパック方法が紹介されてみてやってみましたが、徐々に冷えてきて私は好きではありませんでした。
暖めた方が肌も柔らかくなり潤い等が浸透しやすいとも聞いていたので、冷えてしまっては意味もなさそうだと思ってしまいました。

 

必要なものは普段使っている化粧水と暖かい手です。
個人的にはお風呂上り、もしくは湯船に浸かりながらなどがいいと思います。体も手も温かいですからね!

 

洗顔後、手が暖かいかを確かめておきましょう。
化粧水を普段の3倍ほど手に取ります。そのままお肌になじませ、全体にいきわたったら手のひらで顔を包むようにそっとほほにそえ、そもまま数分おきます。
このときマッサージしたりこすったりと動かさず、じっとしておくのがポイントです。
手の暖かさがほほに伝わってるな~と感じるととても心地よいですよ!
ほほ以外にも気になる箇所で行ってください。

 

この自分の手パック、本当にお肌がしっとりとして翌朝の感じが違います!お勧めです!

 

札幌に来てキレイになった女のサイト☆脱毛や肌ケアのこと